1. TanbaStyleについてABOUT TANBA STYLE

  2. オリジナルブランド TSORIGINAL BRAND TS

  3. TanbaStyleの作家達CREATORS

TS BRAND PRODUCTS

TS商品を全てみる

  1. TS Black マグカップ

    TanbaStyleブラックと伝統技法しのぎを施したTSオリジナルマグカップ。オーソドックスなフォルムがどこか懐かしい。ココアやカフェオレを入れてほっこりできそうです。

    SOLD OUT

  2. TS Black スタッキングボウル

    サラダボウルとしても丼としても使いやすさ大きさが嬉しいスタッキングボウル。大中小の大きさがあり、スタッキングして収納できます。アイディア次第で色々使えるTSの中でも人気の商品です!

    SOLD OUT

  3. TS パン皿

    食パン1枚が入る大きさのパン皿。表面に鎬が施され、食パンの蒸気を逃しやすい構造です。もちろん、フラットなプレートとしてもお使い頂けます。

    SOLD OUT

  4. TS Black ビアカップミニ

    TSBlackのショットカップです。 ちょっと小ぶりの端正なフォルムです。 使い方のアイディアが色々浮かぶうつわです。

    1,500円(税別)~在庫有り

  5. TS White スクウェアプレート

    TSWhiteのスクウェアプレート。シンプルな形は色は料理の彩りをさらに引き出してくれる嬉しい器です。

    1,500円(税別)~在庫有り

  6. TS White マグカップ

    TSWhiteのマグカップです。マットな白と丹波焼の土の力強さを感じられる商品。しのぎのエッジ部分の味わいがいいです。

    1,800円(税別)~在庫有り

  7. TS White スタッキングボウル

    人気のスタッキングボウル。ついにTS Whiteが出ました!しのぎの雰囲気がより味わい深く、陶器らしい逸品です。

    SOLD OUT

  8. TSWhite オーバルプレート

    TSWhiteのオーバルプレートです。使いやすい形はそのまま、TSWhiteのモダンさと暖かみを感じられる色合いになりました。

    3,300円(税別)~在庫有り


TS+ BRAND PRODUCTS

TS+商品を全てみる

  1. TS+ マグカップ 市野元祥

    市野元祥さん作TS+マグカップ。安定感のある形に白と黒のコントラストがどこかモダンな雰囲気を感じさせます。黒の釉薬がかかった部分には力強いしのぎが施されています。

    3,000円(税別)在庫有り

  2. TS+ マグカップ 市野秀之

    市野秀之作TS+マグカップ。柔らかなクリーム色の風合いにリズム良いドットがちょっと気分を上げてくれますね。丹波の土の暖かみを感じる逸品です。

    SOLD OUT

  3. TS+ スタッキングボウル 市松模様

    しましま、水玉に引き続き人気の市松模様のスタッキングボウルです! 使いやすい形はそのままにどこかレトロな雰囲気はとっても愛らしいですね。

    SOLD OUT

  4. TS+ リムプレート 大西雅文 滴 赤

    大西雅文さん作TS+リムプレート。真っ白のキャンパスに描かれた滴模様は今までに無い斬新な印象。料理を載せると、リズムのよい華やかな雰囲気が演出できそうですね。

    SOLD OUT

  5. TS+ ビアカップミニ しましま

    しましまシリーズにTSブランドの新作、ビアカップミニが追加されました!シャープなフォルムにレトロモダンな雰囲気が何とも魅力的♪スタッキングボウルとセットで揃えたいですね!

    2,400円(税別)在庫有り

  6. TS+ オーバルプレート 市野勝磯

    市野勝磯作のTS+オーバルプレート。スカイブルーと味のあるホワイトの色味はさわやか!リムの部分に施されたしのぎはどこかモダンな雰囲気を出しています。

    3,900円(税別)在庫有り

  7. TS+ パン皿 大西雅文 黄金

    大西雅文さん作TS+パン皿。フラットなプレートは、モーニングはもちろんお惣菜なんかを載せても様になりそう。黄色と金色の組み合わせは特別感が満載です。

    SOLD OUT

  8. TS+ スクウェアプレート 市野哲次

    市野哲次作TS+スクウェアプレート。土らしいなんともいえない暖かみと柔らかさが魅力的な逸品。フラッグのような幾何学模様はほんのりモダンテイスト。

    SOLD OUT

TanbaStyleプロモーション動画

CREATORS INTERVIEW

FACEBOOK

ページ上部へ戻る