1. TanbaStyleについてABOUT TANBA STYLE

  2. オリジナルブランド TSORIGINAL BRAND TS

  3. TanbaStyleの作家達CREATORS

グラタン皿展
TanbaStyleグラタン皿展開催中!
⇒ グラタン皿展はこちら

TS BRAND PRODUCTS

TS商品を全てみる

  1. TS Black ビアカップミニ

    TSBlackのショットカップです。 ちょっと小ぶりの端正なフォルムです。 使い方のアイディアが色々浮かぶうつわです。

    1,500円(税別)~在庫有り

  2. TS Black マグカップ

    TanbaStyleブラックと伝統技法しのぎを施したTSオリジナルマグカップ。オーソドックスなフォルムがどこか懐かしい。ココアやカフェオレを入れてほっこりできそうです。

    SOLD OUT

  3. TS パン皿

    食パン1枚が入る大きさのパン皿。表面に鎬が施され、食パンの蒸気を逃しやすい構造です。もちろん、フラットなプレートとしてもお使い頂けます。

    SOLD OUT

  4. TSBlack リムプレート

    普段使いに、おもてなしに何にでも使えるシンプルなリムプレートです。大・中・小の3種類の大きさを用意しています。リムの部分は、伝統技法のしのぎが施されています。

    1,300円(税別)~在庫有り

  5. TS White ビアカップミニ

    TS Whiteのビアカップミニ。やや小ぶりなフォルムは少量のドリンクを入れるのにぴったり!アルコールを少量でオシャレに楽しみたい方にオススメです。

    SOLD OUT

  6. TS White スタッキングボウル

    人気のスタッキングボウル。ついにTS Whiteが出ました!しのぎの雰囲気がより味わい深く、陶器らしい逸品です。

    SOLD OUT

  7. TS White リムプレート

    真っ白なTanbaStyleWhiteにしのぎを施したシンプルなリムプレート。少し青みを帯びた白は、落ち着いた佇まいです。シンプルな白は食材の魅力を素直に引き出してくれそうですね。

    1,300円(税別)~在庫有り

  8. TSWhite オーバルプレート

    TSWhiteのオーバルプレートです。使いやすい形はそのまま、TSWhiteのモダンさと暖かみを感じられる色合いになりました。

    3,300円(税別)~在庫有り


TS+ BRAND PRODUCTS

TS+商品を全てみる

  1. TS+ スクウェアプレート 清水義久

    清水義久作TS+スクウェアプレート。翡翠色の透明感と白化粧のコントラストが魅力の逸品。オレンジのアクセントも効いてます。

    SOLD OUT

  2. TS+ スクウェアプレート 市野哲次

    市野哲次作TS+スクウェアプレート。シャープな線象嵌による模様と色使いが高級感を感じさせます。特別なときの食卓に使うと華やぎそうですね。

    SOLD OUT

  3. TS+ オーバルプレート 市野秀之 ドット柄

    市野秀之作TS+オーバルプレート。新作のドット柄オーバルプレートはモダンでキュート。ランチパスタにぴったりなイメージです!

    SOLD OUT

  4. TS+ スタッキングボウル 市野勝磯

    市野勝磯作のTS+スタッキングボウル。少しだけ丸みを帯びたかたちは、手作りらしい柔らかみと包容力を感じます。さわやかなスカイブルーでレトロモダンな風合いがとても魅力的です。

    SOLD OUT

  5. TS+ リムプレート 市野元祥

    市野元祥作TS+リムプレートです。リムの形の美しさ、上品な黒の発色、丁寧な手仕事が感じられる逸品です。

    1,500円(税別)在庫有り

  6. TS+ マグカップ 田中聡 粉引 薄桃

    田中聡作TS+マグカップ。陶器らしい土の味わいがたまらない逸品です。作りも薄く見た目に反して軽いのも特徴です。

    3,000円(税別)在庫有り

  7. TS+ スタッキングボウル 田中聡 薄黄粉引

    田中聡作TS+スタッキングボウル。土の質感あふれる作風と見た目より薄くて軽いのが魅力のスタッキングボウル。主張しすぎない作風は日常使いにぴったりです。

    2,500円(税別)在庫有り

  8. TS+ オーバルプレート 田中聡 粉引

    田中聡作TS+オーバルプレート。TSオーバルプレートの端正な形をベースにこだわりの白の粉引は、特別感のある1枚に仕上がっています。

    SOLD OUT

CREATORS INTERVIEW

FACEBOOK

ページ上部へ戻る