Tanba Styleとは? 丹波焼の新たな可能性を探る

Tanba Styleとは?

Tanba Style

日本六古窯のひとつである「丹波焼」。食器や花器といった日常使いの民芸品として歴史を重ねてきた一方、大きく変わってきた昨今のライフスタイルからは少し離れつつあったことも事実です。また、伝統的民芸品というと消費者からは少し高級なイメージがあったり、とっつきにくさを感じられることもありました。
そんな丹波焼の現状を打破するために、窯元有志が一念発起。現代のライフスタイルに合わせた新たな丹波焼の可能性を探る活動。それが Tanba Style です。

普段使いのための「洋食の器」への取り組み

about-ts01

Tanba Styleの具体的な活動として「洋食の器への取り組み」というものがあります。もちろん、今までの丹波焼の器でも洋食の器として使えるものは多数ありますし、イタリアンと和食器のコラボなどは最近では珍しくなくなりました。しかし、やはり一般的には和食器としてのイメージが強く、あえて丹波焼を洋食の器として使うというのはなかなかイメージしづらい現状があります。
そこで、Tanba Styleでは、新たな丹波焼の可能性を探るべく、作り手の立場から「洋食の器への取り組み」をメインの事業として展開しています。単に洋食器の模倣とならないよう「洋」の中にも「丹波焼らしさ」を追求しながら、現代のライフスタイルにあった使いやすいうつわ作りに挑戦しています。

2014年3月 グランフロント大阪にて披露された新しい丹波焼の使い方

2014年3月グランフロント大阪で盛大に開催されたイベントにて披露されたTanba Styleのうつわたち。サラダやパスタ、スイーツを載せることでこんなに活き活きとしてきます。

about-ts-b03

about-ts-b02

いかがでしょうか?
一見、和食器には見えない、だけれども丹波焼の伝統を受け継ぐ作り手によって生み出されたうつわ達です。

2014年の3月にグランフロント大阪にて開催されたイベントでは、今までの丹波焼には無い洋食の器としての可能性を内外にアピールできました。実際に訪れて下さったお客様からも
・おしゃれで、伝統工芸の可能性を感じた。
・器で食事の印象が変わると思った
・斬新な器の使い方が納得できた。もっと器に大胆なものを使っていこうと思った。
などと、大変嬉しいご感想を頂くことができました。

2014年12月 オリジナルブランドTSの発表

2014年 Tanba Styleは2人の新メンバーを迎え、さらに精力的に活動していきます。次に取り組んだのは、Tanba Styleオリジナルブランドの作成です。現代のライフスタイルに合わせた使いやすい器として、形と色を1から考えなおし、メンバー一丸となって開発に取り組みました。何度も試行錯誤を重ね、ようやく完成した新ブランド「TS(ティーエス)」。さらに、TSを元に、各個人のオリジナリティを付加した「TS+(ティーエスプラス)」も考案。

tstsp

2014年12月。新ブランドの発表会が開催されたのは同じくグランフロント大阪。TSとTS+を使ったクリスマスディナーのテーブルコーディネートも行われ、華やかに開催することができました。今回も非常にたくさんの方にご来場頂き、Tanba Styleメンバー一同嬉しく思っております。

TS05TS06

2015年 TSWhiteの開発とTSブランドの全国展開

omotesando

2年間の活動が奏功したのか、お声がけもたくさんいただくことが増えてきました。TanbaStyleとしてはさらなる丹波焼の啓蒙普及と販路拡大を目的とし、活動を全国へと広げていきます。

2015年10月には東京表参道ヒルズにて、11月には大阪阪急うめだ本店にてTS Black、TS Whiteの両ブランドの披露と展示即売会を行うことができました。

さらに翌年2016年2月には、日本最大規模の見本市である東京インターナショナルギフトショーへ出展いたしました。丹波焼としては初の出展でたくさんの課題もありましたが、おかげさまで今までにはない繋がりも持つことができました。

2016年 これからのTanba Style

TanbaStyle発足から3年。メンバー一丸となって目一杯走ってきた3年間でした。
4年目となる2016年は、地に足を付けてTSBlack、TSWhiteのさらなる品質の安定、商品の安定供給に向けて地盤をしっかり固める1年と位置付けています。また、TSブランドとしての魅力を高めるため、商品ラインナップの充実も図っていきます。

sakka

これまで3年間の取り組みをさらに発展させ、ますます魅力高まるTanbaStyleの活動にご注目下さい。
TanbaStyleファンの皆様もこれまで以上のご協力を頂けると嬉しく思います。
たくさんのファンの皆さまの応援のおかげでここまでTanbaStyleの活動も続けてこれています。ファンの皆さまには本当に感謝しております。ありがとうございます。


※ Tanba Styleの魅力をいち早く知りたい方へ

Tanba Styleでは、ファンクラブを募集しています!ファンクラブ限定のファンクラブ通信(メールにて月1度配信)では、より濃い情報や陶芸家ならではのマニアックな情報がお楽しみ頂けます。また、ファンクラブ限定のツアーやイベントも企画中です!うつわ好きなら入っておいて損はないファンクラブです。

ファンクラブ通信の登録はこちらから

INFORMATION

ファンクラブ会員登録はこちら

ファンクラブ会員登録はこちら

About

ページ上部へ戻る