市野哲次 彩色線象嵌の技法

哲次さんの作風といえば、 芸術的な幾何学模様と陶器らしからぬ色使い。 この作風は彩色線象嵌(さいしょくせんぞうがん) と名付けられています。 ■線象嵌(せんぞうがん)の技法とは? 線象嵌とは、掘られた線に白化粧を 埋め込 […]

【市野太郎】水玉やしましまのできる工程を紹介

今回は水玉やしましまなど 軽やかな作風が人気の市野太郎さんです! これらの作品はどうやってできるのか? 実際に作っているところを見せてもらいました。 ■模様はフリーハンドで 水玉や花模様、市松の模様はフリーハンドで さら […]

【大西雅文】作風の裏に込められた使い手への思い

作風の裏に込められた使い手への思い 丹波の土の良さを活かした 登り窯焼成の作風から 赤を始めとした勢いのある作風が 大きな魅力の大西雅文さん。 5年程前から始めた赤の印象は鮮烈でした。 なぜ、赤を始めたのかというと、シン […]